私たち木須家は先祖代々続く農家です。

自然や作物と呼吸を合わせて長年暮らしてきました。
自然の一番近くに暮らす私たちは体で知っています。
私たち一人一人も自然のごく一部であることを。

だからこそ「日々口にするものは自然に近いものであるべき」

これは私たちが大切にしている暮らしの知恵です。
出来るだけでよいのです。
忙しい現代の生活において、何もかもとはなかなか いかないものです。

この手作り味噌は、忙しい毎日でも手軽に作ることができます。
自然の素材を肌で感じることができます。

味噌は日本の自然の理にかなった伝統食品です。
日本人の食生活を支えてきた万能調味料です。
私が小さい頃、わが家で食べる味噌は祖母の手作りでした。
陽のあたる縁側にもろぶたを敷き、その上で気持ちよく広げられた米麹。
出来上がった米味噌は、麹の香りが芳醇で祖母のようなやさしい味がしました。

 

やがて、祖母が老い、そのやさしい味の手作り味噌は、 農家に嫁いできた母の手に受け継がれました。
母の世代になると、味噌の仕込み方が変わりました。
毎年冬になると、近所の農家のお嫁さんたちが近所の施設に集まり、 各々が味噌を仕込んで持ち帰るようになりました。
幼いころは私たちも一緒に連れて行ってもらったものです。
寒い調理場に立ち込める湯気と、麹や茹で上がった大豆の 芳醇な香りは、今でも心温まる思い出です。

母が味噌を仕込むようになって数十年、弟たちが農業に就きました。
色々な種類の穀物栽培を試みるようになり、 米や大豆に加えて、もち麦の栽培が始まりました。
もち麦が美味しいだけではなく、健康な体づくりにも役立つと知った母は、 わが家の米味噌にもち麦を加えてみました。

すっきりとした味わいの中に、香りとコクがしっかりと際立ち、 他にはない新しい味噌が出来上がり、家族皆で喜びました。
その日から「もち麦味噌」が、わが家の味噌として腰をおろすことになりました。

原料の「米」「もち麦」「大豆」は全てわが家で栽培されたもの。

さらに、「米麦麹」も風土に合った麹種を使って、わが家で発酵したもの。
こんなに贅沢で健やかな「もち麦味噌」を家族だけで楽しむのはもったいない。
健康に気をかけて暮らす人たちと、この味噌を仕込みから一緒に楽しみたい。
そして「健やかな自然の美味しさ」を持ち帰ってほしい。 心からそう想うようになりました。

二〇一八年に「もち麦味噌仕込み会」を始め、 今では、すぐに予約で埋まる、人気の農家体験会となりました。わが家で栽培した原料の味と品質の良さはもちろんのこと、 自分の家で、自分の手で、丁寧に仕込んだ味噌は格別です。
自分が暮らす場所や自分が持つ常在菌に手伝ってもらいながら発酵する味噌ほど 自分の体に合った味噌はありません。

「自分の健康を自分で作ることができる」

もち麦味噌手作りキットを皆さまにお届けしたい一番の理由です。

味噌づくりキット紹介

もち麦あわせみそ手作りキット1kg
¥ 1,400(税込・送料別)

キットの保存可能期間は冷凍で3ヶ月です。
お届け後はできるだけ早めに使用されることをおすすめいたします。

おうちで簡単味噌づくり

キットに同封されているパンフレットにも詳しい作り方を掲載しております

用意するもの

もち麦みそ作りキット/キッチンペーパー/アルコールスプレー
※冷凍されたキットの大豆・米麦麹は箱から取り出し、室温で自然解凍して、混ぜ合わせやすい状態に戻しておいてください。(自然解凍目安時間:約12時間)

保管方法

直射日光を避けできるだけ風通しの良い場所に約20℃の常温で保管してください。
味見をしながら、お好みの時期を見定めてください。おいしいと思ったタイミングが食べ頃です。
食べ頃を迎えた味噌は発酵を抑えるため冷蔵または冷凍で保管してください。

よくある質問

カビが生えたら?

味噌の表面にカビが生えることがありますが、カビの部分だけを取り除けばほどんどの場合、問題なくお召し上がりいただけます。

熟成中に袋が膨らんだら?

発酵するときに出る炭酸ガスが原因で袋がパンパンに膨らむことがよくあります。袋の端のほうを少し開けてガスを抜いてください。

みその賞味期限は?

基本的に、賞味期限はありません。熟成が進むにつれ、酸味が出てきたり、色が黒くなりますが、問題なくお召し上がりいただけます。

ご購入について

ご購入は各種決済に対応した公式オンラインショップが便利です。
皆様のご利用お待ちしております。

ご購入はコチラからお願いします